子供英語教育のいろいろ

子供をバイリンガルに育てるためには、当然ながら英語のスキルを身につけさせるための行動を起こすことが必要になります。

でも、何をすれば効率的に英語力を身につけ、レベルアップさせていけるのかって、なかなかわからないものです。

このサイトでは、日本で生活している中でとれる選択肢という条件で子供をなんとかバイリンガルに育てるための手段などを考えてみました。

いくつかのアプローチがありますので、順番に説明していきます。

単身留学

「子供をバイリンガルに育てる」ことをどうしても達成したいのであれば、留学はかなり良い選択と言えるでしょう。

否が応でも

  • 英語を話す
  • 英語を聞き取る

これの繰り返しが延々と続く環境に身を置けるわけです。

英語を身につけバイリンガルになることを考えれば、これ以上ない環境でしょう。

比較的早い年齢でそのような環境を得られれば、英語の発音についてもかなりレベルの高い状態を確保することが可能です。

さらに、日本にいて習得するには難しい「生活の中で感じ取っていく細かい表現のニュアンス」というレベルまで吸収していくことができるでしょう。

そこまで行くと完全にネイティブレベルの英語習得の完成です。

同時に、留学の良いところは英語力のスキルアップだけでなく、欧米の英語圏の文化的背景などを肌で感じることができることです。

単に言葉が理解できるだけでなく、英語圏の常識などが理解できているとコミュニケーションの質が格段に上がります。

例えば日本語が出来るアメリカ人がいたとします。

確かに日本語はしゃべれるけど日本の文化や流行などを理解していない場合、結局、話す内容がかなり限定されたりします。

言葉だけでなく文化的背景などを理解することはとても大事であり、留学はその部分までも吸収することが可能です。

単身留学の懸念材料

ただし、子供が単身で留学できるには、やはり高校性からが現実的ですよね。

さすがに、小学生や中学生のうちから英語圏へというのは難しいです。

高校から留学した場合、非常に多感な年齢ですし、仮に上手く留学先の学校に馴染めなかったりすると、全く英語の習得ができないケースも出てきます。

大学から留学した場合、新しい言語を習得するには年齢が遅い状態です。

ネイティブの友人をつくり四六時中一緒に行動するなどしないと、なかなかバイリンガルレベルの英語スキルを身につけるのは難しいです。

ただ、しっかり英語学習をしつつ周りのネイティブらと一定以上絡んでいくことで、バイリンガルレベルまではいかないにしても、普通にしっかり活用できるレベルの英語力は身につけることは十分に可能です。

単身留学の場合、年齢によってかなり状況が変わってくるので、できるだけネガティブな要素をカバーできるような対策を親御さんが先回りして考えておくことがとても大事です。

 


親子留学

最近は親子留学が身近になってきています。

単身、子供だけを留学させるよりは、親がついていくので、小学生や中学生でも可能です。

もともとは夏休みなどを利用して英語圏へ親子(概ね母と子供)で短期留学、又は、親は単なる付き添いで子供だけスクールに通うみたいなスタイルで、かなり高額でした。

今はフィリピンなど、完全な英語ネイティブではないが、日常的に英語が使われている国での親子留学が注目されてきています。

フィリピンだと近場なので飛行機代も安く済みますし、経済格差から比較的安く滞在できる上にスクールの費用も欧米に比べれば安くあげることができます。

発音などはネイティブと比べれば、やや差を感じる場合もありますが、何もせずに時間が過ぎていくだけよりは、断然、英語のスキルアップに効果的です。

さらに単身留学のパートでも触れましたが、海外の国で実際に暮らすことになるので、外国の文化や雰囲気に直接触れることになります。

数日間旅行したレベルとは比べ物にならない量の体験が刻まれます。

そんな体験を子供の頃にしておくことは、何物にも代えがたい貴重なものとなるでしょう。

親子留学の懸念材料

親子で出かけていく形になるので、やはり出費が大きくなります。

そこが最も大きな問題になってくると思います。

なので、そうそう長期での滞在は難しくなりますし、そもそも、夏休みや冬休みなどまとまった休みを得られるとき限定になります。

なので、基本的には本当に短期での留学になってしまいます。

次の短期留学までに時間が空いてしまうので、せっかく身に付いた英語スキルが落ちていってしまう可能性も低くはありません。

その辺りを上手くカバーしつつ上手く利用できると小学生など低年齢の時期から活用できるので、非常に現実的な選択肢の1つとなり得ると思います。


英語の塾など通うタイプのスクール

通うタイプのスクールはとても身近な存在です。

特徴のある良いスクールは都心部に存在している傾向にありますが、子供自身の向き合い方次第で効果的に活用できます。

ネイティブの先生が教えているスクールも多いので、留学などは出来ないながらも、外国人、それもネイティブの英語に生で触れることが可能になります。

通うタイプの懸念材料

留学などに比べれば出費は大きくはないですが、オンライン英会話や独学などに比べれば、それなりの金額が必要になってきます。

ネイティブの先生が教えているスクールであれば料金はさらに割高になります。

それと、仮に週に1回程度のレッスンだった場合、その日だけはやる気になったものの、それ以外は英語に触れない、なんてことが起こりやすいです。

その辺りをどう解決していくか、親御さんの的確なサポートが必要になってくるでしょう。

 


オンライン英会話

料金も安く、毎日レベルで英語でコミュニケーションをとる環境を確保できる注目の英語学習ツールです。

子供向けにサービスを展開しているオンライン英会話スクールもありますので検討してみると良いと思います。

費用が安い

オンライン英会話は費用が安いことが特徴の一つです。

毎日約30分のレッスンを毎日受けても月に5000円程度で済むスクールがいくらでもあります。

単純に1ヶ月を30日と仮定すると、1レッスン166円程度。

びっくりするくらい安いですよね。

この金額なら特徴の異なる複数のスクールを併用することも現実的な選択肢となるでしょう。

毎日レッスンも可能

全てのスクールではないですが、毎日レッスンできることを特徴としているスクールが多いのもオンライン英会話の大きなメリットの一つです。

語学の習得は、何はともあれ数をこなすことであることは明白です。

毎日英語でコミュニケーションをすることを習慣として取り入れた場合、半年後、1年後、その積み重ねが大きなものになっていくことは明らかです。

オンライン英会話以外、毎日、英語話者とレッスンできるツールは存在しません。

子供に特化したスクールが存在する

子供に英語を教えることを専門にしたオンライン英会話もありませす。

独自のカリキュラムで講師にトレーニングを施し、終了した先生のみ講師としてデビューさせるスタイルをとっているなど、子供に教えることを意識したスクール運営をしています。

親子でレッスンを受けられたり、兄弟で一緒にアカウントをシェアできたり、何かと便利なシステムを最小しているところもあり、それらについて第三者の立場で詳しく解説しているサイトもあります。(実体験をベースにしていてかなり詳しい)

詳しくはこちら

オンライン英会話を子供の英語習得のメインツールとして検討している方は参考にしてみてください。

特殊な英語習得法のスクールもある

オンライン英会話には、「カランメソッド」など特殊な英語教育法を採り入れてるスクールがあります。

カランメソッドの詳細はここでは詳しくふれませんが、英語を母語としない人たちが英語を効果的に習得することに強く特化した特殊な方法です。

講師は特殊なトレーニングを受けた人だけに限られますし、そもそもスクールも認定を受けたところだけしかカランメソッドでの英語指導は認められていません。

料金的にはやや割高になりますが、特殊な教育を受けた講師による特殊な英語レッスンなので納得できます。

個人的には非常に興味のある英語の習得方法であり、自分の子供にもいずれレッスンを受けさせる予定です。

自宅から出来て手軽

自宅からレッスンを受けられることもオンライン英会話の大きな特徴です。

つまり、スクールへ通う時間が一切かからないわけです。

小学生になると習い事などや学校の宿題など、幼稚園の時ようなわけにはいきません。

中学生になればなおさらですよね。

そんな中、通いのために時間を割く必要がないのはとても大きいです。

交通費も必要ありませんしね。

先生を選べる

オンライン英会話スクールには多数の講師が在籍していることが多いです。

多いところは100名以上。

もっと規模が大きいスクールは数えるのも嫌になるような数の講師がいます。

講師が複数だと、講師を自由に選べる、変えられるといメリットがあります。

例えば駅前留学し、通いのスクールに入会したとします。

都合の良い時間のレッスンへの加入が決まったまではよかったものの、先生と相性がわるく、途中で通うのが嫌になってしまった、なんてこと、普通に起こりますからね。

そんな時、先生を変えてもらうことなんて不可能なので、結局、自分が辞めるしか選択はありません。

ですが、オンライン英会話ならそういう煩わしさは一切ありません。

相性が悪ければいつでも変えられる。

先生にとっても生徒にとっても最善の方法がとれてしまうわけです。(先生サイドに選択権はないですけどね)

そういうマイナスなパターンだけでなく、子供にとってより良い相性の先生を次々に探していくようなことも可能です。

いろいろな先生に接することが可能

前述のポイントのも被りますが、いろいろな先生に触れられるのはコミュニケーションの練習という面からもメリットです。

外国人ですし、さらにいろんなタイプの性格の方々います。

そういう中で子供の頃に多くの人に接することは英語という言語習得以前に、1人の人間としてのコミュニケーションのスキルという点で貴重です。

スクールの選択肢が多い

先生の選択肢のみならず、そもそも多くのスクールが乱立している状態です。

通いのスクールだと、最寄の駅前をメインにスクールが5つ程しかない、、、みたいな状態だと思います。

オンライン英会話は場所は関係ありません。

オンライン上で新たなスクールがサービスを開始すれば、それは世界中の誰もがレッスンを受けられる対象となります。

つまり、生徒側からすれば、膨大な数のオンライン英会話スクール全てが現実的な選択肢となるわけです。

これって凄いですよね?

数多くのスクールから良さそうなところをピックアップして実際に体験レッスンを受けてみる。

その中で1つに絞っても良いですし、複数に絞って併用して行っても良いわけですから。

オンライン英会話の懸念材料

オンライン英会話に懸念材料は存在しないのではって思います。

強いて言うなら、直接会って話せないところくらいでしょうか?

ただ、オンライン英会話スクールのシステムによっては、こっちがいい、いやあっちがいい、というのは存在すると思います。

それらをいくつか挙げてみます。

ネイティブの先生のレッスンは割高

ネイティブの先生を選ぶこともできますが、値段が高くなってきますし、レッスンを受けられる回数も限られる形になります。(そうはいっても通うタイプのネイティブのスクールや留学などと比べれば安いです)

逆にフィリピンなどネイティブスピーカーではないながらも、日常的に英語を話している国の先生であれば低い予算で受講できる上、レッスンの頻度もとても高い状態をキープできます。

ネイティブでない先生は安いが不安な部分も

ただ、やはりネイティブの先生からすると、やはり発音などの問題も存在することは事実です。

何を求めるかを明確にして、上手く利用することができれば、オンライン英会話スクールほどコスパの良いツールは存在しないと言えるでしょう。


通信教育タイプの英語カリキュラム

子供向けに毎月教材が送られてくるスタイルの講座があります。

英語を全くのゼロから学ぶ場合には良いかもしれません。

ネットでの動画や音声、DVD教材などを絡めてカリキュラムが作られいて、使い方次第では英語力おアップに効果を発揮します。

オンライン英会話や通いの英会話スクールみたいに、対面で英語を学ぶスタイルが苦手な場合には良い選択となります。

又、通信講座を基軸に勉強しつつ、オンライン英会話で実際にトークするスタイルも良い組み合わせで相乗効果が期待できます。

通信教育タイプの懸念材料

実際に英語で話すという部分は、通信教育タイプのカリキュラムではどうしても弱いポイントになります。

その辺りをオンライン英会話などで補えれば効果的です。


英検を独学で挑戦

英検を5級から順番に挑戦していき、そのための準備を書籍やDVD教材などを使って勉強していくスタイルです。

ジュニア英検からのスタートも良いでしょう。

独学で進める場合、体系立ったカリキュラムが立てにくかったりするのですが、英検を順番に受けてくスタイルであれば、対策用のテキストを順番にやっていけばOK!

順番に各級をクリアーしていけば、おのずと総合的な英語力が身についていくでしょう。

独学で挑戦の懸念材料

独学なので心細いですし、親御さんが英語が苦手な場合は尚更自信がない状態で進めていくことになります。

また、スケジュールなども自分たちで自由に決められる分、逆に、進むスピードが遅くなってしまって、結局検定日までに十分な準備ができなかった、みたいなことも起こり得ます。

しっかりとした自己管理で確実に進めていく姿勢が必要になってきます。


外国の映画などを英語のまま見る

好きこそものの上手なれという言葉がありますが、英語自体や、海外の文化などに興味があれば、そこにずっと触れていたいと思いますよね。

その流れで、外国の映画やドラマにドハマりし、字幕や吹き替えに頼らず、英語のままで理解しようとトライしていくことで、生きた英語に手軽に触れることが可能となります。

日本語でも、外国人が学ぶテキストにでてくる表現と、日常的に日本人が普通に使っている表現とでは、やはりどことなく異なります。

日常的に日本人が使っている言葉の方がより砕けていますし、違和感がないですよね。

それと同じで、映画等を英語のまま鑑賞することで、ネイティブが普段使っている表現をそのまま吸収できます。

外国の映画などを英語のまま見る場合の懸念材料

活きた表現はいろいろと身に付くのですが、英語を体系的に学ぶという観点からすると、やはり物足りない状態になるのは否めません。

何らかの形で、英語を体系的に学ぶ手段を整える必要があります。

その上で、映画などを英語のまま鑑賞するというツールを追加する形を採れば、かなり効率的に英語を習得していくことができるはずです。


子供英語教育のいろいろ まとめ

さまざまな英語のスキルアップのツールを考えてみました。

それぞれ一長一短です。

上手く組み合わせてイイとこ取りして、お子さんの英語力のアップを目指していきましょう。